保険に助けられた事故

右直事故。
みなさんも自動車学校で習った覚えがあると思います。
要するに車で右折する人と直進で進む人がぶつかってしまう事故です。
私は一度この事故にあいました。
最近の話ですが、運転ももう当然慣れていますし、事故もそんなに起こしたことも
ありません。
友人の家に行く途中に大きな国道を用います。
その国道がよく事故が起きることで有名だったのですが、まさか自分がそんな目に
遭うとは思ってもみませんでした。
私は、前の車との車間距離を十分にとって運転していました。
信号も青だったのでそのまま少しだけ減速し、交差点に入ります。
すると突然反対車線の車が来たままのスピードで右折し私の車と衝突しました。
そのまま私の車はガードレールにぶつかります。
相手は車を脇に止め、降りてきます。
40くらいの男性の方でしたが、すごい剣幕で怒鳴ってきたのを覚えています。
私は、近くが警察署だったので、すぐに連絡をし、来てもらいました。
そして自動車保険の担当の方にも連絡をし、けががないことを伝え、事情を説明
します。
その後は警察の方が信号の時間と事故の時間を照らし合わせ、相手側に大きな
過失があったことを伝えてくれ、人身事故ではなかったので、保険会社同士の
話し合い
という形になりました。
その結果、自動車保険の担当の方が何度も連絡をくださり、向こうが大きな過失が
あるという形になりました。
後日、当事者からも連絡があり謝ってきてくれました。
事故はどちらも悪いことがほとんどです。
なので、気持ちよく解決するために、お互いを気遣い、心配し、謝るという基本的
な事をするのは大切だと思いました。
また、自動車保険の担当の方の適切な処置方法にも感謝しています。

東京トヨペットでハイエース[バン]の中古車を探すならコチラから