事故対応力が自動車保険の要

私は数年前、交通事故に合いました。
私は自転車で相手は車という状況です。
私の怪我は、頭蓋骨骨折やあごの骨折などで全治3カ月ほどでした。
そして当然相手は自動車だったので自動車保険を利用してきたのですがその時の保険会社がとても感じの悪い保険会社でした。
どう考えても相手が悪い事故なのに、とにかくこちらにも責任があると言い張って治療費をなかなか払おうとしないのです。
でも私は生命保険などに加入しておらず、入院費が払えなかったのでとにかく払ってくれとお願いしました。
すると今は一旦払っておきますが、後で過失割合が確定したらその分は払い戻してもらいますと言われたのです。
私はどうしていいのか分からず、弁護士に相談しました。
するとそれはかなり悪質な自動車保険会社だと言われました。
そして結局弁護士を通した話し合いで、過失割合は10:0と判断されました。
あの時弁護士に相談せずに、相手の保険会社のいいなりになっていたらとんでもないことになっていたかもしれません。
その後、事故の相手が保険会社の対応を知って謝罪に来ました。
そんな悪質な保険会社とは知らなかったと激怒していました。
自動車保険って事故の時の為に入ってるんですから事故の時きちんとした対応してくれないとなると、入る意味ないですよね。
私自身も事故を起こした時に、相手の方にそんな対応されては困ります。
その時自動車保険にとって一番の要は事故対応力だと実感したのです。
それから私は、インターネットの口コミで色々な自動車保険を比較して事故対応力に一番高評価な保険に切り替えました。
大切なものを守るための保険です。
適当に選んだりせずに、しっかりと調べてから加入することが大事ですね。