自動車保険でのあいおいの評判

自動車保険の業界は年々競争が激しくなってきていて、各保険会社から様々な新しいサービスが登場しています。
そういったこともあり、自動車保険への加入を考えている人には、「どの保険会社を選んだら良いのか判断できない」という人も多いかもしれません。
そんな時にはネットの自動車保険一括見積りサービスを利用するのが良いでしょう。
複数の会社に見積もりを出すことで保険料の相場がわかりますし、サービスの内容を比較検討することが簡単になるからです。
一括見積り依頼を出した人の中には「あいおいニッセイ同和損保」が気になったという人もいるでしょう。
あいおいニッセイ同和損保は「あいおい損保」と「ニッセイ同和損保」が2010年に合併した比較的新しい保険会社で「タフ・クルマの保険」という商品を販売しています。
「タフ・クルマの保険」は対人・対物賠償や車両保険など基本的なサービスも充実していますが、特に注目したいのが特約の充実度です。
「対歩行者等傷害特約」は他ではあまり見ることのない特約で、歩行者や自転車に乗っている人を轢いてしまった時に補償金が厚く支払われます。
自動車で歩行者や自転車にのっている人を轢いてしまうと過失割合が特定されるまで時間がかかることが多いのですが、対歩行者等傷害特約に加入していれば損害額の全額が保証されるので、過失割合に関係なく満額を支払うことでトラブルをスムーズに解決することができます。
また、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は3年の長期契約を結ぶことも可能になっています。
長期契約することのメリットは、契約期間中に事故を起こしたとしても保険料が上がることがないということです。
自動車保険の保険料を決定する要因の一つに「等級」があります。
この等級は1年間事故を起こさずにいると1等級アップするシステムになっていて、等級が高くなるほど事故を起こしにくい優秀なドライバーと判断されて、保険料が割引きになります。
逆に事故を起こせば等級は下がって保険料の割引きも少なくなりますが、もし3年契約をしていれば、万が一事故を起こしても契約期間中は等級が変わらないため、保険料も据え置きとなります。
こういった理由からあいおいニッセイ同和損保を選ぶという人も多いようです。